++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

佃祭・宮入道中

さて佃の祭りもいよいよ終盤。本社神輿の宮入りが始まります。
月島の狂気に満ちた神輿振りとは対照的に、こちらは堂々と威厳に満ちた渡御で神社に向かいます。
神輿の周りは担ぎ手と観客で埋め尽くされていました。
これは写真にならないかなと思いつつシャッターを切ります。
e0035646_2141125.jpg

木遣りに続いて高張り提灯が鳥居をくぐっていきます。
何とも幻想的な儀式が始まろうとしています。
なかなか夜の宮入りまでいることはないのですが、これは良いものですねぇ。
e0035646_21412391.jpg

弓張提灯に囲まれて八角神輿が揃いの浴衣で担がれて来ました。
道幅ぎりぎりまで使って狭い参道を進みます。
周りの観客から溜息が出るくらい堂々としたものです。
前に出ていると押し戻されてちょっと危ない。でも見たい光景です。
e0035646_21413533.jpg

神輿が鳥居をくぐり、何とも言えない良いものを見たなぁという気分です。
とても境内までは追っかけられそうもない人の数。このあたりで撤収としましょう。
もっともこの時間になると写真にはなりませんしね。
e0035646_21415155.jpg

3年待った甲斐があった佃の祭りでした。
結局最初と最後の山場を追っかけたわけですが、3年後は今年飛ばした2日目の宮出しと船上渡御を見たいものです。
by weekendwalker3 | 2005-08-08 22:40 | 神輿祭