++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

八王子祭・山車人形

神輿渡御を見て山車の巡行までひと休み。
神輿だけでも結構見応えがありましたが、このお祭りも盛りだくさんです。
まずは明るいうちに山車人形の展示を見に行きましょう。
まずは横山町三丁目の「織田信長・羅陵王」です。雌雄の獅子とともに御神酒所に飾られていました。
e0035646_23224985.jpg

そして、一昨年の江戸天下祭で丸ビルに飾られた八幡町二丁目の「諌鼓鳥」とも再会しました。
隣には八幡町一丁目の「神武天皇」も並んでいます。
「諌鼓鳥」は人形師・二代目原舟月、「羅陵王」と「神武天皇」は三代目原舟月作と伝えられます。
いずれも名人の作品だけあって、惚れ惚れするような人形です。
e0035646_23231718.jpg

山車はいくつも人形を乗せています。巡行のときは下ろしてしまうので、休憩中に人形を見て回るのが良いようです。
山車もお囃子が乗ってスタンバイ。少しずつ周りも賑わってきました。
e0035646_23233362.jpg

神輿だけでも十分楽しませてもらったのに、これから山車が出てさらに盛り上がるというのですから、何とも贅沢な夕涼みになって来ました。
人も増えてきましたがまだまだ余裕。去年の雨の夜の方が人は多かったような気がします。
さて屋台の躍りでも楽しみながら山車の巡行を待つことにします。
e0035646_23234961.jpg

by weekendwalker3 | 2005-08-07 21:17 | 山車祭