++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

江戸天下祭・山車巡行 弁財天

石岡からは山車だけでなく今回は幌獅子も参加していました。
大きな獅子頭が囃子連を乗せた小屋を曳きます。
久しぶりに見るので、すっかり忘れてました。
e0035646_21495886.jpg

幌獅子の露払いの後から優雅に金丸町の「弁財天」が登場です。
1回目に丸ビル展示。前回も巡行参加という常連の山車です。
e0035646_2150762.jpg

丸ビル前では山車の高速回転を見せてくれました。
佐倉の山車もぶんぶん回しますが、今回は見ませんでしたね。
それぞれの山車に特徴があって面白いです。
e0035646_21501756.jpg

超大型の桐生本町四丁目の「素盞嗚尊」の山車。
他の山車よりずいぶんと高さがあって重そうです。
e0035646_2150262.jpg

曲がり角ではジャッキアップして方向転換します。
これがまた非常に危険な作業です。その分時間も掛かるわけ。
無事に回ると沿道から拍手が沸き起こります。
e0035646_21503755.jpg

バランスをとって車輪を浮かしている屋台では、絶えることなくお囃子が演奏されています。
本当に手に汗握る方向転換です。
e0035646_21504886.jpg

桐生に次いで大型な栃木萬三丁目の「張飛翼徳」の山車。
名工・原舟月作の人形を雨に濡らすわけにはいかないので、ビニールでスッポリ覆われていました。
残念ですが仕方ない。
e0035646_2151823.jpg

せめて後姿だけでも。
去年の栃木秋まつりに行けなかったので、楽しみにしてましたが本当に残念でした。
e0035646_21512125.jpg

by weekendwalker3 | 2007-09-29 21:27 | 江戸天下祭