++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

2005年 08月 06日 ( 2 )

佃祭・連合神輿

獅子頭の宮出しが終わってひと休み。ジリジリと気温も上がってきました。
佃一丁目の広場に町内神輿が並んでいて、連合のスタートを待っています。
朱引図がないのでこれからどう追っかけたら良いのか悩みます。
子供神輿の前で佃っ子とちょっとおしゃべりで時間潰し。
e0035646_2127237.jpg

いよいよ連合スタート。先頭は宮出しした獅子頭です。
ずらりと並んだ神輿の脇を堂々と進みます。本当に生きているような獅子頭には感動です。
このあと子供獅子も通りました。
e0035646_21271548.jpg

続いて神輿が順にスタートしました。
晴海や月島の神輿は脇に待機していたのでしょうか、どこからともなく現れて一列になって町に繰り出していきます。
大神輿、子供神輿と親子で連なっての渡御です。
e0035646_2127267.jpg

佃のお祭りも深川同様の水掛け祭です。
かなり暑いので担ぎ手たちもニコニコしながら水を浴びてます。
最初は遠慮がち、そのうち本格的に水を掛け始めました。
これぞ夏の神輿ですね。
e0035646_21273949.jpg

連合神輿は月島へと向かいます。
先回りして先頭の金棒引きの前に出てみました。
初めて追っかけるお祭りなので行列の全容がつかめませんでしたが、これでようやく理解できました。
e0035646_21275590.jpg
月島のもんじゃストリートは一列に並んだ神輿の大行列。
狭い通りですが、なかなか絵になります。来週の深川の予行演習みたいな感じになってきました。
e0035646_21281187.jpg

もちろんここでも両側から盛大な水掛けが行われます。
担ぎ手はもうずぶ濡れ。道路も川のようになっています。
撮る方も気をつけないと背後から水を掛けられます。
今日は2回掛けられましたが、カメラは何とか無事でした。
深川はもっと盛大なので防水対策が必要ですね。
e0035646_2135031.jpg

by weekendwalker3 | 2005-08-06 21:23 | 神輿祭

佃祭・獅子頭宮出し

待つこと3年、どうしても見たいお祭りの一つが佃住吉神社の大祭でした。
このところの暑さと、夕涼みばかりで鈍った体では朝からの出動は結構大変。今日も太陽がギラギラと照りつけています。
少し早めに佃島へと行きました。風情ある町並の中に御旅所と佃祭のシンボルの大幟がお祭り気分を盛り上げてくれます。
e0035646_21225491.jpg

境内に入ってみると、凄い観客の数にびっくり。とても良いポジションを確保できません。
みんな3年間待ったので気合いが入っているのかなぁ。

定刻の10:30になると境内に待つ雌雄の獅子頭目指して担ぎ手たちが駆け込んできます。
土埃が立つくらいの激しい争奪合戦が始まりました。これは凄い。
e0035646_21231513.jpg

2頭の獅子はまるで生きているかのように境内を暴れまくります。
もの凄い勢いで拝殿やお囃子の乗る舞台へと突進して来ます。
ここで少し人が動き始めたのでポジションを確保。夢中でシャッターを押しました。
e0035646_21232918.jpg

下町にはたくさんのお祭りがありますが、これほどスピード感があって激しいお祭りは他にありません。
狭い境内を所狭しと暴れまくる獅子には感動します。
ときに睨みあい、あるいはじゃれ合い、結構長く見せてくれました。
獅子は1組出ていくと次の組が駆け込んできて都合3組。たっぷり堪能しました。
e0035646_21234641.jpg

by weekendwalker3 | 2005-08-06 20:19 | 神輿祭