++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

2005年 08月 21日 ( 2 )

元八幡・宮神輿

町神輿の渡御が休憩に入ったので本社神輿を探しに行きます。
宮入りは17:00からというので、そろそろメインストリートに姿を現すはずです。
このお姐さんたちの向かう方向に神輿が来るに違いない、と追っかけの勘が働きました。
e0035646_20315713.jpg

案の定、前からトラックがやって来ました。
鳳輦と雌雄の獅子頭を荷台に乗せたトラックを先頭に、稚児のトラック、神職や役員、総代を乗せた車が続きます。
夏の祭りの神幸祭は暑いので車を使うのも深川と同じですね。
e0035646_2032939.jpg

高張り提灯を先頭に本社神輿がやって来ました。
朝早い宮出しから町内を渡しながらの一日中担がれてきた神輿です。
おや、この宮神輿も八棟屋根のようですね。
e0035646_20322268.jpg

間近に見るとさすがに相当に大きい神輿で貫禄十分。
御神酒所の前で差し上げましたが、重くてなかなか上がらず思わず見ている方も力が入りました。
「わっしょい」も腹にずっしり響くような低い掛け声です。
e0035646_20323526.jpg

元八幡の大祭は情報も少なくて、宮出しと宮入りの時間しか知りませんでした。
4年に一度なので今日は4年後の下見みたいになりましたが、無事に宮神輿も拝めましたのでまずまずでした。
e0035646_20325154.jpg

暦の上ではすでに秋。残暑は続きますが夏まつりと言えるのはここまでかな。
来週からは秋まつりということで、さらに続きます。
e0035646_20344710.jpg

by weekendwalker3 | 2005-08-21 21:30 | 神輿祭

元八幡・町内渡御

先週の富岡八幡宮の元祖、砂町の富賀岡八幡宮(元八幡)は今年が4年に一度の大祭でした。
情けないことに昨日の久々の山歩きの疲れで朝起きるのが遅れ、宮出しには行けず午後から出動です。
さて砂町に着いたは良いけど一体本社神輿はどこにいるのやら。南砂、東砂と広範囲に町をうろつくことになりました。
e0035646_20271785.jpg

まずは神社にお詣り。しかし閑散として祭りの雰囲気は皆無。
お囃子と神輿を仕切る笛の音を頼りに、東砂八丁目の神輿を見つけました。
小振りの神輿がマンションの建ち並ぶ町内を担がれていました。
e0035646_20273592.jpg

南砂町に戻ると中央町会の八棟型の立派な神輿が上がっています。これはまた立派な神輿ですね。
半纏を見るとこの町会が宮元のようです。人数も多いし、担ぎは江戸前で掛け声は「わっしょい」でした。
e0035646_2027497.jpg

深川の元祖だけあってここも水掛け祭りです。これで3週連続水掛けを見物することになりました。
商店街の沿道にはすでにバケツが待機中。
佃や深川を見損なったらここに来れば良いのかなぁ。
e0035646_20281120.jpg

さて、大通りに出れば豪快なトラック放水もあります。
お盆も過ぎたとは言え、まだまだ残暑が厳しい時期の祭りですから、見ているだけでも涼しげですね。
カメラマンも少ないので地元の人ばかり。水掛けも遠慮がないのでかなり気をつけないと・・・。
e0035646_20282968.jpg

消火栓放水も深川に負けません。
土砂降りのように盛大に水を掛け、神輿は一層盛り上がります。
連合渡御があったのかわかりませんが、この放水は一基だけではもったいないです。
e0035646_2028444.jpg

by weekendwalker3 | 2005-08-21 20:25 | 神輿祭