++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

2005年 11月 06日 ( 2 )

飯能まつり・引き合わせ

「叩き合い」や「総叩き」などと地域で呼び名は違いますが、飯能の「引き合わせ」とはお囃子合戦のことを言うようです。
札の辻で年番町の山車が待機して、順にやってくる山車を迎えます。
先程から雨がポツリポツリと落ちてきました。またか、という感じ。
e0035646_2195532.jpg

さて、合図とともに一斉にお囃子が始まります。
屋台の近くに陣取ってお囃子の表情を狙ってみました。
混雑していますが割合写真を撮りやすいお祭りです。
ただ、気分的には雨との競争と言う感じですがね。
e0035646_21101233.jpg

屋台の下では扇子を使って煽りが入ります。
これは底抜け屋台でも盛大にやりましたが、山車の方が見上げる角度なので撮りやすいです。
e0035646_21102427.jpg

中には屋台の前にある台に乗って観客に向けて扇子を振ったりしてます。
気がつけば見ている人たちも同じリズムで体を振っています。
一体感があって実に楽しい雰囲気です。
まぁ、多少ブレているのはご愛敬ということで。
e0035646_21104153.jpg

もちろん踊りの方もますますテンションが上がってきました。
光量が足りないところに動きがだんだん早くなり、カメラがついていきません。
会場は一気に盛り上がって来ました。
e0035646_21105696.jpg

残念ながら雨はだんだん強くなる一方。
先日の本庄でも同じようなショットがありましたね。
名残惜しいですが、一通りは見たのでそろそろ撤収しましょう。
e0035646_21111594.jpg

今日はお誘いいただいた、まえ宏さんにも無事に会えました。
西平さん他、神田倶楽部の皆さんも大勢いらしてました。
お先に失礼です。
e0035646_21114193.jpg

なお、雨はその後も降りやまず夜の曳っかわせは中止になったそうです。
お疲れさまでした。
by weekendwalker3 | 2005-11-06 21:07 | 山車祭

飯能まつり・山車巡行

昨日から始まっている飯能まつりですが、2日目の山車の巡行に合わせて行ってみました。
西武沿線は近くて助かります。
いつもは静かな飯能の町も今日ばかりは賑わっています。
中央通りに出てみれば屋台山車がずらり勢揃い。
e0035646_215911.jpg

丸ビルで見た原町の「神武天皇」の山車に首尾良く遭遇。
この山車は屋根が切り妻という珍しいものです。
飯能は屋台8台、人形山車は2台あります。
しかし人形は山車に乗ると高くて見にくいので、丸ビル展示はその点でありがたい。
e0035646_215241.jpg

もう1台の人形山車は河原町の「素盞鳴尊」です。
こちらは二重鉾、欄間仕立の典型的な江戸型山車です。
失礼ながら飯能にこれだけの山車があるとは知りませんでした。
次回の天下祭に出てきてもおかしくないですね。
e0035646_2153775.jpg

時間になって巡行開始。
囃子で盛り上げながらゆっくり進みます。
途中に居囃子の屋台もあって町中が良い雰囲気です。
夏まつりの底抜け屋台にも来ましたが、飯能はお囃子が賑やかなのが印象的。
e0035646_2155585.jpg

交差点で一旦山車を止めてここが見せ場。
回転式の屋台を回したり人形を上げたりと大サービス。
踊りも皆上手で、いつまでも見ていたい気分です。
e0035646_2161333.jpg

東飯能の手前で10台整列させて山車総覧です。
その間にお囃子や踊り手、曳き手は小休止をとります。
1台ずつゆっくり見られる時間を作るというのは良い趣向です。
今日はぎりぎりに到着したので巡行前は一部しか見てませんし。
e0035646_216303.jpg

暫時休憩の後、山車は引き合わせ会場の銀座通りに向かいます。
可愛い先導の金棒たち。
一つ気づいたのは、衣装がどの町会も派手でしたね。
お祭りはこうでなくては。
e0035646_2164948.jpg

by weekendwalker3 | 2005-11-06 20:01 | 山車祭