++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

<   2003年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

江戸天下祭・山車巡行 弁慶

最後は川越志多町の弁慶の山車。日比谷公園から巡行の山車や神輿が出るのをゲートで見送って、最後に登場です。
この山車を追いかけることは、初日から心に決めていました。宵宮の居囃子では物足りなくて、どうしても曳き回される姿をじっくりと見たかったのです。
だいぶ時間も押してきて、手古舞に先導されてようやく丸の内仲通りに堂々と登場。その勇壮で華麗な姿には惚れ惚れします。
e0035646_20545672.jpg

目の前で停まり、屋台を回転させて両脇の観客にお囃子を披露。ここで居囃子との曳っかわせが行われたら最高なのですが、それは川越祭でのお楽しみ。
e0035646_20553816.jpg

曳き手は揃いの浴衣で、花笠と提灯を持って屋台の白狐踊りを囃し立てます。この演出が良いですね。
川越の山車が一番江戸の頃の姿を残しているといいますし、お囃子も神田囃子が流れていったよう。さすが小江戸のお祭り、粋ですね。
e0035646_20571667.jpg

さて丸ビル前を通過して、東京駅前から延びる行幸通りへと入って来ました。先回りして東京駅の煉瓦の駅舎をバックに一枚。
ここはカメラマンが特に多かったですね。曇り空でそろそろ陽もだいぶ傾いてきたのが残念。
e0035646_20575892.jpg

それでも今が盛りの銀杏並木の真ん中で屋台の回転を見せてくれました。
これが最後のクライマックス。ちょっと高い位置に上って、今日初めて上からのショット。それにしても、この山車は絵になります。
前にいた山車や神輿は丸ビルの手前で終了し、皇居前まで行くのは一部だけ。時間も押しているからでしょうか。
e0035646_2059553.jpg

あとで知ったのですが、神輿の巡行と山車の巡行の速度がかなり違うそうです。
夏祭りではないので神輿もいつもより長い距離を進みますが、休憩を頻繁に入れないと長時間は保ちません。
e0035646_211712.jpg

最後に江戸城に向かった姿。もうかなり薄暗くなって来ましたし、それとともに気温も下がってきました。
山車が江戸城内を巡行して将軍が上覧することから、天下祭と呼ばれるようになったといいます。
将軍家の産土神の日枝神社と、江戸の地主神の神田神社、それに一度だけ城内に入った根津神社の祭礼を言います。
今、そのお祭りが再現され、確かに昔とは違うのだろうけど壮大で立派な祭りとして蘇りました。本当に良いお祭りでしたね。
e0035646_20595683.jpg

結局3日間通って、江戸の祭り文化にどっぷりと浸ることができて、本当に満足。
またこういう機会があったら良いです。
by weekendwalker3 | 2003-11-24 21:45 | 江戸天下祭

江戸天下祭・山車巡行 戸隠

神輿も次々と出て来て、だんだん威勢が良くなってリズミカルな調子で練られます。
鳳凰が羽ばたくようなリズムで、四方の房が揃うように担ぐのが上手な担ぎ方。神田の神輿はさすがに上手。
e0035646_14283628.jpg

青梅の森下の屋台が出てくると、その迫力に観客も一瞬しーんとする気配。
昨日まで居囃子だったのが動き出せば、さすがに存在感がありますね。
屋根の上の2人の格好良さと言ったらありません。屋台の回転を披露すれば拍手喝采。
e0035646_14284961.jpg

大きさでは熊谷の戸隠。鉦が特徴のお囃子はかなり遠くからでも山車の位置がわかります。
うちわ祭りは関東の祇園祭だから、ゆったりとした都風のお囃子なのでしょうか。
熊谷に見に行ったときは人形を上げていなかったので、こうして9Mの高さで動くのを見るのは初めて。
この山車も森下と同様、江戸から地方に流れていった今回里帰りの山車です。
e0035646_14292232.jpg

いよいよ巡行も佳境に入ってきたので、徐々に移動しつつ追っかけの体制に。
今回人気の高い遠州横須賀の2台の山車は賑やかで、ビルの谷間に良く似合います。
e0035646_14294812.jpg

寒いので休憩をとるために沿道のビルに避難したりして時間調整。いくつかの神輿や山車をやり過ごし、風の当たらない場所に移動します。
巡行の最後の方は鴨川合同祭の恵比寿、殿りに川越の弁慶と大型山車でクライマックス。
丸の内仲通りは両脇に観客が途切れることなく並んでいます。それぞれの山車の間隔も空いているのでお囃子の違いも良くわかります。
なぜかどの山車も丸の内の風景に溶け込んでいますね。
e0035646_14314765.jpg

山車ばかりでなく御輿もまた存在感があって捨てがたいです。
後半に大御輿が出てくるとさらに迫力が増してきました。
e0035646_14321643.jpg

丸ビル前で差し上げがあったようですが、それは見逃しました。惜しいことをしたなぁ。
そして、祭りは最終の盛り上がりへと向かいます。
by weekendwalker3 | 2003-11-24 21:36 | 江戸天下祭

江戸天下祭・山車巡行 羽衣

さて日比谷通りに出てみれば凄い人の数。これはなかなか移動が大変です。
とりあえず交差点を渡って、出発ゲートの見える帝国ホテル前を陣取ることにします。それでも最前列には出られません。
最初は江戸消防保存会の木遣りから巡行は始まります。
e0035646_1422281.jpg

続いて先ほど山車の前で記念撮影した手古舞が先導。この順序は、昔の天下祭も今の神田祭もそうは違わないのだと思います。
手古舞は男装の芸者衆と聞いたことがあります。深川では気っ風で売った辰巳芸者だったそうな。
木遣りの粋と手古舞の艶やかさの対比で、いかにも祭りが始まるという感じになりますね。
e0035646_14224356.jpg

さらに、これも先ほどの賑やかな神田囃子の屋台が続きます。やはりお囃子がないと雰囲気が出ませんから。
どうも間隔が長いなぁ。日比谷通りは交通遮断をしないで信号待ちをするからです。写真を撮るには良いけど、寒いのは勘弁。
e0035646_14232315.jpg

いよいよ山車が出てきました。
まずは九段三丁目の牛若丸の山車、三番町の東郷元帥と続いて、3つ目は一昨日から展示されていた九段四丁目の弁慶と牛若丸。動き出せば小さな山車も大迫力です。
e0035646_14254082.jpg

山車と御輿が交互に繰り出して、ゆったりした感じで巡行は続きます。
最初の御輿は須田町の女御輿。この御輿は古いものですが、小振りで軽そう。
とはいえそこらの町御輿に比べれば、さすがに神田の御輿ですね。
e0035646_14255012.jpg

御輿が揺れるリズムでだんだん盛り上がってきます。これもまた良いです。
都内の山車ではやはり神田松枝町の羽衣が立派。能を舞うように進みます。
e0035646_14254924.jpg

都心での山車の曳行は114年ぶりというから、記念すべき一歩というべき。
山車を見慣れない観客たちは食い入るように見ています。確かにそれなりに感慨がありますね。
山車10台と御輿9基。出るだけで2時間かかります。
by weekendwalker3 | 2003-11-24 21:14 | 江戸天下祭

江戸天下祭・神輿名鑑

まずは巡行前に神輿を見ておきましょう。

須田町中部町会・女神輿
e0035646_13271315.jpg

平河町一丁目町会神輿
e0035646_13272737.jpg

飯田橋町会神輿
e0035646_13273773.jpg

岩本町二丁目大和町会神輿
e0035646_1327469.jpg

司町二丁目町会神輿
e0035646_13275691.jpg

神田五軒町々会神輿
e0035646_1328531.jpg

神保町三丁目町会神輿
e0035646_13282189.jpg

東松下町々会神輿
e0035646_13283054.jpg

神田和泉町町会神輿
e0035646_13284067.jpg

司町二丁目の御輿は先日丸ビルで展示されていたもの。神田祭・山王祭の御輿が勢揃いです。
by weekendwalker3 | 2003-11-24 20:27 | 江戸天下祭

江戸天下祭・神輿天国

今日がメインの山車巡行。少し早めに日比谷に行けば駅を出たところから大勢の人。寒い日なのにみんな良く来るものですねぇ。
公園に入って驚きました。そこは神田祭の神輿天国さながらに、晴れの舞台を待つ神輿が9基ずらりと並んでいました。
担ぎ手は、この寒いのに夏祭りと同じ格好。股引をはいている人も多いですが、揃いの法被が勇ましいです。
e0035646_13234349.jpg

こうしてみれば、山車はそれ自体の迫力が魅力ですが、神輿は担ぎ手集団の息の合った雰囲気が魅力。どちらが良いというものでもなさそうです。
e0035646_13242781.jpg

そして、昨日まで会場に来ていなかった都内の山車も待機しています。
二つの山車は招待山車に比べて随分と小さいです。東京ではこのくらいの山車しか曳けなくなったということ。
そう思うと何だか寂しくなってきます。
まずは九段三丁目・牛若丸。
e0035646_1412382.jpg

そして三番町・東郷元帥。
e0035646_14122831.jpg

そうこうするうちにステージで出発式が始まりました。
これから巡行の追っかけをするので、とりあえず腹拵えをして、身支度を整えます。

昨日まで山車祭りの雰囲気いっぱいの日比谷公園とは、がらっと変わって今日は神田祭の雰囲気そのもの。これが今の江戸東京の祭りでしょう。
出発を待つ神田囃子の底抜け屋台も揃っています。これが数台あって、賑やかなお囃子も響いています。
担ぎ手の数がまた凄い。神輿祭も今年はここで終わりになるというので、東京中から集まっているような雰囲気。
e0035646_1325955.jpg

松枝町の羽衣の山車の前には先導役の手古舞も鮮やかな装束で揃っていました。
準備万端、いざ出陣です。
e0035646_13252783.jpg

by weekendwalker3 | 2003-11-24 20:05 | 江戸天下祭

江戸天下祭・宵宮

夜祭りの雰囲気も味わいたいので、夕方から再び日比谷公園に行ってみました。云わば今日が宵宮にあたります。
しばらくすると陽が落ちてきて、山車の提灯に明かりが灯されます。明るい所で見るのとは人形の迫力が違いますね。まるで能舞台を見るような幽玄の世界。
e0035646_13592742.jpg

なかなか夜のお祭りには行けませんが、なるほど提灯を照らした祭りの方が盛り上がりそう。
もうしばらくすると、山車の曳き回しが行われるというので待つことに。今日は昨日と違って冷え込んできました。
e0035646_13134164.jpg

定刻の17:00になると、警備の人たちが見物人を両脇に寄せ始めます。
まずは熊谷うちわ祭の戸隠の山車が、鉦のお囃子を響かせながらゆっくりと曳かれました。
背の高い戸隠の人形が堂々として一段と大きく見えます。何という迫力でしょう。
後で青梅住吉神社の森下の屋台のお囃子が見送るのが何とも言えません。
e0035646_13161956.jpg

続いて、遠州横須賀・三熊野神社祭の川中島の山車が練られながらやって来ます。
曳き手の持つ提灯が実に幻想的。
e0035646_13164739.jpg

もう一台の弁慶と牛若丸が続きます。山車は前後に揺れながら進む感じ。
よく見れば、ここの山車は二輪でリヤカーを曳く要領。この小刻みな動きと、提灯を振るリズムがぴったり合っていて見応え十分。
この山車は祢里と呼ぶそうです。一本柱二輪という珍しさ、2台の掛け合いが面白いです。
遠州横須賀のお祭りには一度行ってみたいもの。
e0035646_13171527.jpg

青梅住吉神社の森下の屋台は今日は居囃子。聞き慣れたテンポのお囃子が祭りの雰囲気を盛り上げています。
この山車は典型的な屋台型。かつては人形が乗ったのでしょうか。
e0035646_13173014.jpg

鴨川合同祭の恵比寿の山車が少し遅れて動き出しました。今日は旗日ということで日の丸を掲げています。
この山車は川越の弁慶の山車の隣にあると小さく見えましたが、動き出せば大きく見えてきます。
ここのお囃子は胴太鼓1つと桶太鼓2つという構成で並んでいます。
e0035646_1318159.jpg

その川越の弁慶の前に来たら、即興の叩き合いが始まりました。
全然違うお囃子の叩き合いというのは他では見られまい醍醐味。
e0035646_1319090.jpg

山車は噴水の回りを何度も回ってくるので、いろいろなポジションで見られます。見物人はかなり多いのですが結構見やすいです。
居囃子の青梅と川越の山車は、屋台が回転するので曳き回される山車に向かって叩き合いを挑みます。
青梅と熊谷のお囃子の叩き合いは、ギリギリまで接近して大迫力。
e0035646_13194822.jpg

こうして宵宮の曳き回しを堪能。昼間も良いが、夜は雰囲気が違ってまた良いです。
明日の巡行は、神輿や附け祭りも加わって盛大で賑やかになるでしょうね。
e0035646_13223391.jpg

by weekendwalker3 | 2003-11-23 20:28 | 江戸天下祭

江戸天下祭・山車人形

では勢揃いした山車人形を一つずつ見ていきましょう。
熊谷うちわ祭・戸隠。
e0035646_1101735.jpg

川越祭・弁慶。
e0035646_1102735.jpg

鴨川合同祭・恵比寿。
e0035646_1103663.jpg

遠州横須賀・川中島。
e0035646_1104650.jpg

遠州横須賀・五條大橋。
e0035646_110593.jpg

青梅住吉祭・武内宿禰。
e0035646_1212104.jpg

九段四丁目・弁慶と牛若。
e0035646_12122754.jpg

神田松枝町・羽衣。
e0035646_12124621.jpg

神田松枝町の羽衣は、都内で唯一神田祭の神幸祭で実際に曳かれる山車。
熊谷の戸隠はとにかく大きい。うちわ祭で見たときには、このクラスがずらりと並んでいたので特に大きいとは思わなかったが、都内に残る山車とは二回りくらい違ってました。
いずれも気品のある人形ばかりでした。 
e0035646_141724.jpg

今日出ていない山車は、三番町の東郷元帥と九段三丁目の牛若丸の2台。巡行には参加することになっています。
by weekendwalker3 | 2003-11-22 21:03 | 江戸天下祭

江戸天下祭・勢揃い

日比谷公園の噴水前に山車小屋が並んで、各地から集まった巡行山車6台が勢揃い。
24日にはこれらが主役になる予定です。招待山車は青梅森下町の屋台以外は人形山車で高さは5M以上。
万灯で飾られた遠州横須賀の山車など、各地域での特徴が良く出ています。
e0035646_10553382.jpg

都内の山車は昔ながらの山車小屋に収まっています。これはこれで風情があって良いです。
都内の山車は屋台がついていないのでお囃子は乗ることができません。
招待山車もかつては天下祭に出ていたもの、もしくはそれを見本に造られたものだというから、昔の天下祭はどれほど勇壮だったのでしょうか。
根津神社の天下祭には50台を越える山車が出たと言います。ここにある9台でも凄いのだから、想像を絶する規模だったに違いありません。
e0035646_10561126.jpg

15:00になってそれぞれの屋台のお囃子が一斉に始まりました。
流儀がみな違うので、お囃子の聞き分けができて楽しいです。
e0035646_10563720.jpg

青梅の屋台は聞き慣れた調子。熊谷のお囃子は3つの鉦の響きが何とも特徴的。
会場は一気にお祭りのムードに包まれました。巡行でなくてお囃子の競演だけで、これだけの盛り上がり。本番はどうなるのでしょう。
e0035646_10571313.jpg

ぐるりと会場の山車を見て回るだけで雰囲気に酔ってきました。
川越の山車は屋台を回転させるし、遠州横須賀の2台は前にせり出して山車が揺れています。本番さながらの熱演です。
もうこれだけで堪能。初日から来て良かったなぁ。
e0035646_1101817.jpg

会場には江戸風の露店が仮設されて、川越の菓子屋横町の風情。
イベントとしても大掛かりで飽きません。
日が傾くまであちこち見て回って存分に楽しみました。今年のお祭りの集大成に相応しい大イベントです。
e0035646_10583515.jpg

by weekendwalker3 | 2003-11-22 20:21 | 江戸天下祭

江戸天下祭・山車人形

さて、丸ビルに展示された山車人形を一つずつ見ていきましょう。
まずは青梅住吉祭・静御前。
e0035646_21112792.jpg

本庄祭・神武天皇。
e0035646_21114765.jpg

石岡祭・弁財天。
e0035646_2112711.jpg

鴨川合同祭・神功皇后。
e0035646_2112182.jpg

八王子祭・諫鼓鳥。
e0035646_21122789.jpg

鴨川合同祭・源頼義。
e0035646_21123713.jpg

この中で実際の巡行を見たのは石岡の弁財天の山車だけです。
行きたい祭りが増える一方ですね。
e0035646_21131932.jpg

by weekendwalker3 | 2003-11-18 21:17 | 江戸天下祭

江戸天下祭・丸ビル

今年は江戸開府400年。各所でいろいろな行事が行われてきました。
その集大成ともいえる一大イベントが、江戸天下祭の再現です。
いよいよ始まるというだけで落ち着きません。
e0035646_13453164.jpg

江戸天下祭に先だって、丸ビルの吹き抜けロビーで山車人形の展示が始まりました。
昼下がりに行ってみると、大きな御仮屋に収まっているような感じ。
山車1台に神輿が1基、それに人形が6体。いずれも有名な祭りに登場する自慢の人形です。
これで賑やかなお囃子でもあれば雰囲気は抜群。
平日で人も少ないので、まるで美術館の中のような感じです。これもまあ良いかな。
e0035646_20514766.jpg

展示されている山車は加須本町の龍神の山車。
文久2年に江戸日本橋で造られた時代物の貴重な山車です。とにかく見事。
e0035646_20574597.jpg

唐破風造りの屋根が大きくせり出した屋台に、鉾台が付いて人形が乗っています。
人形は幕末の名匠・高村東雲作の「蘭陵王」。
この山車は山王祭りの番付にも載っている正真正銘の天下祭の山車だそうです。
e0035646_20555539.jpg

隣に町神輿もあります。神田司町2丁目の二尺五寸の神輿。
大きな鳳凰が乗った実に凝った神輿で、金色に輝いています。
この神輿は神田祭に出てくるので、現代の天下祭の象徴ともいえますね。
e0035646_20555620.jpg

しかし、山車と神輿を並べてみるとその大きさの違いに唖然とします。
24日の山車巡行は何としても見に行けなければ。
e0035646_2056469.jpg

一足先に天下祭の学習をした気分。
都心で山車の巡行を見ることはこの機会を逃したら二度と無いかも知れません。
今週は時間を見つけて、天下祭に因んだものを見て回りたいものです。

神田祭から、この天下祭の再現を目指して各地の祭りをずいぶんと見てきました。
でも、まだまだ足りないなぁ、という気分になりました。
e0035646_2133519.jpg

あとは、巡行本番の24日が秋晴れの日となることを祈るだけです。
by weekendwalker3 | 2003-11-18 20:14 | 江戸天下祭