++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

<   2004年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

三島神社例大祭

梅雨はどこに行ったのだろうかというほど朝から暑い日。
根岸の三島神社の大祭で神輿連合渡御がありました。
小さな町内ですが、さすがに浅草に近い土地柄だけあって、
本格的な頭衆による木遣りからスタートです。
e0035646_22274655.jpg

連合神輿は4基と少ないですが、担ぎ方は江戸前で粋です。
勢揃いして神社に向かって一斉に差し上げます。
見物人も町内の人ばかり。いつも大勢いるカメラマンも数えるほどでとても居心地が良いお祭りです。
e0035646_2228208.jpg

下谷神社で始まった下町の夏祭りはこれで最後です。
毎週のようにあちこちの神輿場に出動しましたが、
いずれも魅力満点ではずれはありませんでした。
最後はやはり下町で締めとなりました。
e0035646_2228592.jpg

by weekendwalker3 | 2004-06-20 22:25 | 神輿祭

浦安三社祭・神輿渡御

さて本番の浦安三社祭は良い天気になりました。まるで真夏。
今日は宮神輿も町神輿を引き連れての一日中の渡御です。
最初は昨夜行けなかった当代島稲荷神社の追っかけからです。
e0035646_2238313.jpg

続いて清瀧神社の神輿を探します。
漆塗りと白木の2つの宮神輿が連なっていました。
共に八棟屋根の堂々たる神輿で、担ぎ方も荒っぽいのが浦安風です。
ちょうどお昼の休憩前の盛り上がりの最中でした。
e0035646_22382576.jpg

3つ目は豊受神社の神輿。午後の発輿の瞬間を待ちます。
ここが一番担ぎ手の人数が多く、祭り装束も華やかです。
宮神輿はやはり2基でした。
午後になると見物人もずいぶん多くなってきます。
e0035646_2239123.jpg

「回れ、回れ」の掛け声で地面すれすれに神輿を下ろし、ゆっくりと回します。
これが浦安独特の「地摺り」という担ぎです。
見物人の多い交差点などで行われると周囲から囃されます。
カメラで近づくのも苦労します。
e0035646_22392986.jpg

「差せ、差せ」の声で高々と上がります。と、それからが凄い。
「ヨイ、ヨイ、ヨイ」で調子をとって神輿を放り上げました。
いやぁ、これにはびっくり。
全体的に大神輿は少ないなと思いましたが、理由はこれですね。
e0035646_2240522.jpg

すっかり魅了されました。
街中が神輿天国になって楽しいことと言ったらありません。
これだけ街中が盛り上がるお祭りはあまりないです。
神輿の数も多いですが、女神輿や子供神輿もたくさんありました。
片肌脱いだ纏の舞いも格好良かったです。
他にも屋台山車もあり、祭りの要素が全部揃ってます。
e0035646_22403357.jpg

by weekendwalker3 | 2004-06-19 22:34 | 神輿祭

浦安三社祭・宵宮

浦安は千葉県ですが大手町から15分程と近いです。
4年に一度、漁師町の風情の残る浦安が盛り上がります。
浦安三社祭は今日が宵宮。
少し歩けばすぐお囃子に遭遇しました。
e0035646_22331068.jpg

3つの神社で御霊入れに集まる神輿は合わせて100基を数えます。
路地を歩けば豊受神社に向かう神輿の行列。
宵宮なので見物人は少なめと思ったら、住民総出で祭りをやってます。
これは明日、明後日は神輿天国になりますね。
e0035646_22335177.jpg

清瀧神社への宮入りは熱気が違います。
カメラを構えて一ヶ所に居たら、身動きがとれなくなりそう。
「マエダ、マエダ」という掛け声が響きます。
とにかく荒っぽいけど格好良い神輿場になってました。
明日が楽しみ・・・。
e0035646_22341698.jpg

by weekendwalker3 | 2004-06-18 22:30 | 神輿祭

山王祭・連合渡御

天下祭で見た山車との再会を狙って、麹町・番町の連合渡御を見に行きました。
木遣りに手古舞、高張り提灯、こぢんまりした渡御ですが一応一通り。
紀尾井町から赤坂に向かうハイソな街の雰囲気の中というのも粋なものでした。
e0035646_21152533.jpg

3台の山車と8基の神輿が次々と出ていきます。
九段四丁目の東郷元帥、九段三丁目の牛若丸、そして三番町の牛若と弁慶です。
天下祭から半年ぶりの再会を果たしました。
牛若丸は神輿を従えての晴れ舞台です。
e0035646_21154812.jpg

山車が主役とはいえ神輿も健在。
総じて小振りな神輿ばかりで迫力は今ひとつですが、8基揃えば盛り上がります。
e0035646_21161129.jpg

by weekendwalker3 | 2004-06-12 22:35 | 江戸天下祭

山王祭・神幸祭行列

2年に一度の日枝神社・山王祭を見に行きました。
祭りの合間に仕事、いや逆でしたが、忙しい一日でした。
まず朝出社前に神幸祭の行列の宮出しを追いかけます。
いろいろな曳き物が次々と出て、古式豊かで格調高い祭りです。
e0035646_2111083.jpg

日枝神社は70数ヶ町の氏子を持つので、とにかく広範囲に巡行します。
追いかけるにも行列のスピードの速いこと。
大きな三之宮神輿も台車に乗って進みます。
あっという間に麹町町会を過ぎて行きました。
e0035646_21113259.jpg

昼休みには桜田門で待ち伏せ。
王朝絵巻そのものの行列がお濠に沿ってやって来ました。
あいにく雨に煙る巡行になりました。
e0035646_21115598.jpg

坂下門で皇居参賀の儀式が行われます。
山王祭は神田祭同様に徳川将軍もご覧になった天下祭です。
2基の鳳輦、1基の宮神輿には菊の御紋が付いています。

荘厳にして豪華な祭りの風景です。
江戸三大祭であり、日本三大祭でもあるというのも頷けます。
e0035646_21122440.jpg

さらに帰りには日本橋で宵宮の神輿が上がりました。
雨になったのは残念ですが、提灯神輿を見られたので満足。
明日、明後日はあちこちの町会で渡御が行われます。

しかし実に優雅。いろいろ盛りだくさんなお祭りでした。
平日に行われるので見物人が少なくてもったいない。
e0035646_21131425.jpg

by weekendwalker3 | 2004-06-11 22:28 | 江戸天下祭

鳥越祭・千貫神輿

午前中には降り出すというので5時起きで鳥越神社に行きました。
神事のあと、鳥居をくぐって出てきた千貫神輿の大きさには驚きます。
堂々とした大神輿は鬼気迫るものがあります。
早朝というのに大勢のカメラマンが宮出しを狙っていました。
e0035646_211834.jpg

神輿は神社を出て180度回転して、一気に差し上げ。
見事に決まって拍手喝采でした。
これから夜の宮入りまで町内を渡る長い一日が始まります。

と、そのときパラパラと雨が・・・
これは神輿にとって辛い渡御になりそうです。
e0035646_21183457.jpg

by weekendwalker3 | 2004-06-06 21:36 | 神輿祭