++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

羽田神社例大祭

羽田のお祭りは2年ぶりです。
いつもは夕方の神輿パレードに行くのですが、今年は大神輿が出るというので午前中にしました。
午後から雷雨という予報もあるので。
e0035646_21151475.jpg

早速発見しました。担ぎは平担ぎです。
おお、これはでかいなぁ。
こうして朝から昼過ぎまで各町内を回ります。
e0035646_21152585.jpg

ところが羽田の町は道路が狭い。
大神輿となると道幅いっぱいに使うので大変です。
さて、これから路地に入っていくところ。
e0035646_21153622.jpg

大神輿には町内毎のお囃子の山車がついていきます。
なるほど巡行祭のスタイルですね。
羽田のお囃子はテンポが早くて威勢がよいです。
e0035646_21154949.jpg

さらに子供神輿もついていきます。
大人神輿は午後に備えて休憩中ということですか。暑いですからね。
そして子供神輿といえどもヨコタ振り。
e0035646_2116314.jpg

今度は大人も混じって盛大にヨコタ。
羽田ならではのヨコタ。滅法楽しいです。
e0035646_21161586.jpg

そしていよいよ宮入りです。
気温もぐんぐん上がって熱気との相乗効果で暑い暑い。
これぞ夏祭りという感じです。
e0035646_21162812.jpg

本社の大神輿もヨコタをやるんですね。驚きました。
もっともあまりに重いので大きく振ることはできません。
来年は中神輿でしょうか。それならもっと振れるでしょう。
e0035646_21164154.jpg

というところで撤収。午後から予報通り雷雨が来ました。
続きはまた来年ですね。
by weekendwalker3 | 2007-07-29 21:09 | 神輿祭

うちわ祭

関東一の祇園、熊谷のうちわ祭に行ってきました。
今年は2日目の巡行祭が土曜日にあたる年です。
じっくり山車・屋台の巡行を中心に見ます。
まずは集合場所に向かう山車を探します。
e0035646_1623596.jpg

定刻になると広い中山道を通行止めにしてスタート。
片側3車線をいっぱいに使っての巡行です。
弓張りが先導します。
e0035646_16231811.jpg

これは壮観。まるで連合艦隊ですね。
先頭は年番町の本町壱弐と本町三四です。
人形を上げてないのが惜しいかな。
e0035646_16233013.jpg

待ちかまえるのは本石と石原区の2台の屋台。
ここが定番の撮影ポイントかな。
e0035646_1623406.jpg

山車は整然とここでUターン。
お囃子の音も一際高く鳴り響きます。
このあと戻っていく山車との交差も見られます。
上り下りで4台が悠々とすれ違うのですからねぇ。
e0035646_16235377.jpg

山車・屋台は途中で向かい合わせに整列して叩き合い。
カンカンと鉦の音が鳴り響くのが熊谷の特色。
この音は帰るまでずっと耳に残ります。
e0035646_1627784.jpg

さあ、いよいよ人形が上がりました。
その高さは他のお祭りとは桁違いです。
銀座区の熊谷次郎直実と筑波区の日本武尊。
e0035646_16242072.jpg

人形山車4台を一覧できるポイント。
先頭が本町壱弐の神武天皇で、次が本町三四の手力男之命。
これが撮れれば来た甲斐があったというものです。
e0035646_16243538.jpg

湿気を含んだ重たい空気の熊谷は関東でも有数の灼熱地域。
気温が高くないので蒸し暑さもそこそこでした。
夏祭り見物は命がけになることもありますが、何とか無事生還しました。
次回は夜の叩き合いを見に行きたいです。
e0035646_16244943.jpg

by weekendwalker3 | 2007-07-21 21:20 | 山車祭

成田祇園祭

夏のはじまりの成田祇園祭。2年ぶりに行ってきました。
今年は暑さも厳しくなく、天候にも恵まれた大当たりの年になりました。
まずは各町若者頭の景気づけから。
e0035646_16162194.jpg

風情のある参道に豪華な山車がよく似合いますね。
情緒あるお囃子も相まって独特のものがあります。
さて、追っかけますか。
e0035646_16163334.jpg

2階からご祝儀が竿で差し出されると山車を寄せます。
うまく受け取れると拍手喝采。
見物人との一体感が何とも言えません。
e0035646_16164693.jpg

中之町の坂にさしかかります。
成田の山車はとにかく綱が長いのは、この坂を駆け上がるため。
見ている方も思わず力が入ります。
e0035646_16165515.jpg

さあ、掛け声とお囃子に合わせてここから一気に曳き上げていきます。
成田祇園最大のクライマックスです。
e0035646_1617777.jpg

坂を登った山車はそのまま新勝寺境内へと向かいます。
どこを切り取っても格好良いです。
e0035646_1617205.jpg

by weekendwalker3 | 2007-07-08 21:14 | 山車祭