++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

江戸天下祭・山車巡行 神武

あまり良い条件ではない時折雨のパラつく中の巡行。
何とか明るさの残る時間に行くことができました。
e0035646_21415512.jpg

九段の小さな山車の後から本格的な山車が登場します。
まずは川越脇田町の「家康」の山車です。
これぞ天下祭ですね。
e0035646_2142734.jpg

その後から飯能原町の「神武天皇」の山車が追ってきます。
今回は本庄も来てますので埼玉の山車が目立ちます。
もう光量が足りなくなってきました。早過ぎます。
e0035646_21422856.jpg

川越の「家康」が屋台の向きを変えて、飯能の「神武」と向き合います。
無論打ち合わせしていたのでしょう。曳っかわせの始まり。
川越の提灯煽りと飯能の扇子煽りの一騎打ち。
e0035646_21423834.jpg

メインステージの丸ビル前で再び向き合う気配。
今度は逆に回り込んでみましょう。
e0035646_21425368.jpg

始まりました。これが最大の見せ場ですね。
どちらのお祭りも行ってますが、違う町の山車の曳っかわせはここでしか見られません。
e0035646_2143537.jpg

飯能の扇子で煽るのを狙ってみました。
ノーフラッシュ、手持ちではこれが限界かな。
まぁ熱気が感じられればOK。
e0035646_21431534.jpg

メインステージ前はそれでも照明があるので何とかなります。
ここは観客も多いので盛り上がりますね。
e0035646_21432637.jpg

お約束の東京駅赤煉瓦をバックに狙いましょう。
曳き手の人たちと一緒にカメラを構えてみました。
これ、絶対に上手に撮れませんねぇ。
今回の巡行は夜というのは想像以上に厳し過ぎ・・・。
e0035646_2143468.jpg

by weekendwalker3 | 2007-09-29 21:10 | 江戸天下祭