++ Weekend Walker's 祭暦 ++

ブログトップ | ログイン

鳥越祭・千貫神輿

さて、神社に寄ってそろそろ本社神輿を追っかけようと朱引図を見ると、神輿は松ヶ谷から元浅草へと渡御中。
なんと神社から一番遠い地区です。早速早足で歩いて行けば、ちょうど町内渡しが行われていました。
いやぁ、何度見てもこの神輿はでかい。堂々たるものです。
e0035646_22342999.jpg

神輿が上がるのをすぐ近くで見ていたら、あっという間にはね飛ばされました。危ない、危ない。
担ぎ手が殺到して人の渦に巻き込まれ、すかさず警備の警察官の後に逃れて渦から脱出成功。
無意識にシャッターを切っていました。
e0035646_2234431.jpg

神輿は狭い路地へと入っていくので、ここは先回り。
先導の手古舞が間近なところを通って行きました。
本社神輿の巡幸行列を順に撮ってみたかったのですが、見物人も多いし、近寄れないし今年は断念です。
e0035646_22345592.jpg

続いて千貫神輿が入ってきました。
神輿も大きいけど担ぎ棒の幅もあって狭い路地でも渡御は危険がいっぱいです。横にいたら壁と神輿に挟まれそう。
この迫力は鳥越の本社神輿ならではですね。
e0035646_22351038.jpg

神輿の後には朱傘をかかげた騎馬神官が渡御の様子を監視いています。
宮出しは6:30、宮入りは夜9:00という長丁場。馬も神官もご苦労様です。
e0035646_22352667.jpg

千貫神輿には他にも猿田彦などがついていますが、青い旗が掲げられて本社神輿の位置を知らせていました。
by weekendwalker3 | 2005-06-12 21:27 | 神輿祭